虫歯治療の変化

変わりつつあるむし歯治療について

昔の歯医者さんは、むし歯があれば歯をどんどん抜いていました。それが怖くて歯医者に行くのを嫌がり、治療を受けないままどんどんむし歯が進行していくといった、悪循環に陥る人も大勢いました。 しかし最近の治療法は、少しでも自分の歯を残そうという考え方に変わってきていて、以前は、治療で詰め物をしたところからむし歯になっていくケースが多かったのですが、むし歯菌を完全に死滅させることにより、むし歯にならずにすむように治療してくれるようになりました。 またかつては、小さなむし歯であってもすぐ削っていましたが、最近は様子を見ながら治療を進める場合も増えてきています。 ですから、以前にくらべると歯医者の考え方もかなり変化してきました。

むし歯予防の考え方について

歯医者の大きな変化の一つに、むし歯予防があります。当然のことながら、むし歯予防は昔から言われ続けていることです。しかし、それは家庭や学校などで行うものでありました。 ところが最近は、歯医者でむし歯予防をする時代に変わりつつあります。むし歯になる前に、定期的に歯科健診を行うことで、むし歯や歯周病といった歯の病気を未然に防ごうというものです。 実際、定期的に歯科健診を受けている人と、そうでない人とのむし歯になる割合を調べたところ、明らかに、定期健診を受けている人の方が、むし歯になりにくいというデータがでました。 おまけに、定期健診を受けることで、将来自分の歯を多く残せるといったこともデータで明らかになってきています。