分割払いができる

高額費用は分割でも支払うことが可能です

歯科矯正の治療は子供の時の成長、発育期にされるのが一番良いとされています。 あまりに小さいときでは負担が大きいですので、分別のつく年齢からが良いでしょう。 小学生から中学生のころが良いでしょう。 歯科矯正の治療は保険が適用されないので費用が高額になってきます。 費用は全額自己負担になります。 子供の治療には1期治療と2期治療を分けて行われることが多いです。 1期治療は永久歯がきちんと生えるように顎のバランスを整えます。費用は30〜50万円かかります。 2期治療は永久歯の歯並びや噛み合わせを仕上げます。費用は40〜60万円ほどかかります。 いずれも高額な費用になります。 費用は分割でも支払うことができる場合が多いので確認しましょう。

成長期に治療するようにしましょう

成長期に治療をしておいた方が良い理由は、顎の成長や発育を阻害してしまう恐れがあるためです。 硬い食物も食べるのが困難になります。 柔らかい食物ばかり選びがちになってしまいます。 また虫歯や歯周病になりやすくなります。 しかし、治療には痛みやストレスを感じることも確かです。 子供にきちんと理解させてから治療を始めなければ、大きな負担となり治療を嫌がってしまうようになります。 治療には長期間かかることも理解しておかなければなりません。 歯科矯正は受験の時期などはなるべく避けれるようにした方が負担がないでしょう。 どうしても集中しにくい日が出てしまう可能性があるからです。 子供の理解と、身の回りの変化の時期をよく考えて歯科医と相談をよくして歯科矯正の治療を始めましょう。